検索
この検索ボックスを閉じる。
電気自動車用充電インフラの拡充

工場敷地内で充電する場合、最大出力が必ずしも正解とは限らない

少数のための高速か、皆のための低速か?WSは、電気自動車用充電インフラの拡大について独自のコンセプトを追求している。工場敷地内で低コストかつ効果的な充電システムを実現するため、WSは一貫して低い充電容量を支持している。
通常のコンセントでも充電可能(画像出典:WS)

工場敷地内での電気自動車の充電

エレクトロモビリティといえば、関連する充電インフラについての議論が遠からず出てくるのが普通だ。多くの場合、期待されるのは、通常の内燃自動車の現状と比較して、快適性をできるだけ損なわない、あるいは損なわないという目標を達成することである。この要求を満たすために、自動車業界は電気自動車の特に急速な充電、つまり可能な限り高い電力での充電を可能にするために全力を尽くしている。その見返りとして、業界は国や他の企業(ホテル、レストラン、商工業者など)に充電インフラを提供するよう要求している。しかし、必要な投資がかなりの額にのぼるという事実は、あまりにも無視されがちだ。特に既存の建物では、接続された負荷も電気インフラも、同時性の高い大口消費者を追加供給するようには設計されていない。インテリジェントな制御技術は理論的には利用可能だが、高いコストと追加的な設置・保守作業を伴う。

高い充電パワーは、電気システムを素早く限界まで押し上げる

そのため、ほとんどすべての場所で、できるだけ早く、つまり高出力で充電できるという要件が、エレクトロモビリティのさらなる普及の障害になる可能性がある。充電ポイントあたりの充電容量がわずか22kWであっても、特に既存の産業用建物では、複数の充電ポイントを設置する場合、電気システムはすぐに技術的限界に達してしまう。

従業員約150人の事業所で、すでに約20の充電ポイントが利用可能であると仮定すると、理論上の最大負荷は440kWとなり、新しい建物であっても通常の接続値を超える。その結果、配電を現在の容量と同期させ、可能であれば、現在頻繁に利用されている太陽光発電システムによる地域発電も含めた複雑な負荷管理システムを設置する必要がある。結局のところ、自動車はバランスシートで色づけされた電気ではなく、本物のグリーン電力で給油されることが望ましい。22kWの充電ポイントは、関連する配線、保護、設置工事を含めて数千ユーロかかることが多いため、必要な負荷管理システムを含めれば、産業企業にとっては6桁ユーロ規模の投資がすぐに必要になる。

"スロー・ローディング・ベイ "を素早く設置できる(画像出典:WS)

充電インフラに対するWSのアプローチ

そこでWSは、レニンゲンの本社において、次のような重要な前提に基づく、異なるアプローチを選択した:

  1. 電気自動車は、地域の近距離交通や通勤に使用される場合に特に有用である。そのため、1日の走行距離は一般的に約100kmまでで、もっと少ない場合も多い。その結果、1台あたりの1日のエネルギー消費量は15~20kWhとなる。
  2. エレクトロモビリティのエコロジカルなメリットを最大限に享受するためには、充電には本物のグリーン電力を使うべきであり、できれば分散型方式で地元で発電されたものが望ましい。
  3. 車両は勤務時間中、通常9時間という長時間に渡って駐車され、そのほとんどは、冬でも1交代制のためWSの明るい日中である。
  4. 自社の太陽光発電システム(WS本社では現在、合計約400kWp)によるグリーン電力の現地発電量は、午前中の生産およびオフィス業務による需要を上回ることが多い。そのため、累積充電電力が低い限り、専用の制御がなくても、余剰発電を十分に高い確率で自動車の充電に利用することができる。
  5. 日中、必要に応じて車両を駐車し直すことは理論的には可能だが、実際には社内のプロセスとの適合性は限られた範囲に限られる。

1日の最大走行距離を約100kmと仮定した場合、1台あたり1日に必要な充電エネルギーは最大20kWhとなり、2.2kWの連続充電で9時間の連続使用が可能です。接続面では、連続負荷用に設計された特殊なアース付きソケットが容易に適している。このようなソケットは、既存の駐車場に比較的短時間で設置できる。対応する供給ラインはサブディストリビューター内で別々にヒューズされ、目的に応じて、非常に簡単な手段で常時または時間制御でスイッチを入れることができる。理論上の最大総負荷が20 * 2.2 kW = 44 kWと比較的低いため、専用の負荷管理システムは必要ありません。総負荷は、地域の太陽光発電システムからの残りの余剰発電量よりも少ない可能性が非常に高い。高出力の充電ポイントがいくつかあれば必要になるかもしれない、車両の地下への再駐車の必要性は完全に排除される。既存の電気系統は、将来的に低出力の充電ポイントをさらに拡張するための蓄えもある。それでも個々のケースで急速充電が必要な場合は、外部の充電インフラを参照する。提示されたコンセプトのWSの実施に必要な投資は、ほぼ同じ目標達成率で、より高い充電容量を持つ代替案の10%より大幅に少なく、したがって自己資金で容易に賄うことができる。 

通常のソケットで最大10Aの充電が可能(画像出典:WS)

補助金なしで実施することも可能だ:低速充電をより早く実現 

提示された例は、特に電気エネルギー供給の分野では、問題に適したアプローチが不可欠であることを印象的に証明している。電化を促進するために必要な投資は、特に既存の建物においては、相当なものであるか、あるいはほとんど不可能でさえある。しかし、技術的条件に加え、それぞれのケースで追求される目的を正確に定義したインテリジェントなコンセプトがあれば、目的の達成度を大幅に低下させることなく、高コストを回避できることが多い。 そして、補助金なしでも容易に導入が可能となる。

しかし、この分野では特に、公平で非営利的な外部の助言を得ることが難しいため、起業家は明確な目標を策定し、あらかじめ定義された枠組み条件の中で実施するよう要求するよう努めるべきである。

貢献度 文脈的
FLOX® (フロックス

グリーン水素:WSが電気分解機を稼動

新しい電気分解機と、400kWpを超える自社製太陽光発電システムの余剰電力により、WSは将来、レニンゲンの研究所にグリーン水素を供給する。2023年末の電気分解機の設置に続き、貯蔵とパイプラインのインフラも完全に稼動した。

知っておきたいこと

クレッチマン会長がレニンゲンのWSを訪問

バーデン=ヴュルテンベルク州のヴィンフリート・クレッチマン大臣が、レニンゲンのWS社を訪問し、水素分野の活動について視察した。バイオガスからのグリーン水素製造と分散型アンモニア分解に加え、今回の高官訪問では、高効率で低排出ガスな工業用バーナーにも焦点が当てられる。

知っておきたいこと

サーモプロセス技術の研究分野

サーマルプロセス技術という新しい研究分野は、1,000℃を超える高温プロセスの脱化石化を目標としている。再生可能な電力で加熱できる柔軟性のあるプロセスもあるが、将来的には多くの用途で気候変動に中立的な燃料が必要となる。

レジェマット®」。

REGEMAT® 250:販売数が大幅に増加

REGEMAT® 250が最新のストリップ亜鉛メッキラインの新たなゴールドスタンダードであることは、継続的な、そして最近では特に好調な販売台数の増加が証明しています。顧客は、最大効率で最も低いNOx値と、水素を使用する運転への卓越した適合性による将来の実行可能性に感銘を受けている。

知っておきたいこと

2024年の始まり:イノベーションと投資

WSグループは、2024年がエキサイティングで成功に満ちた年になることを期待しています。 私たちは、いくつかの先駆的な投資の完了と試運転を期待しています。製品面では、エネルギー転換の成功に決定的な貢献をする様々なイノベーションと更なる発展を、お客様も楽しみにしていただけることでしょう。 

貢献度年代別