ジェットチューブ

WSジェットノズル

間接加熱の効率は、使用するバーナーだけでなく、ラジアントチューブにも大きく依存する。要件に応じて、さまざまなサイズとデザインの金属製またはセラミック製のラジアントチューブが使用されます。

セラミックSiSiC製ラジアントチューブ

セラミックSiSiCラジアントチューブの導入により、WSは1980年代には早くもリビルドプロジェクトにおいて全く新しい炉のコンセプトと性能向上を可能にした。 

WSは、セラミックパイプと金属フランジの接続という難題を早くから克服し、以来、特許を取得した接続方法に信頼を置いています。

当社のSiSiCラジアントチューブは、耐熱性に優れているため、非常に長い寿命が得られます。また、この技術特性により、カウンターベアリングなしで簡単に取り付けることができます。 

現在、WSでは、標準的な長さ2,800mmまでのさまざまな直径のセラミックラジアントチューブを製造しています。ご要望に応じて特殊サイズも承ります。

 

メタリックラジアントチューブ

金属製の直管型ラジアントチューブに加え、P型、ダブルP型の循環型ラジアントチューブをお客様に提供します。WSラジアントチューブは、非循環型チューブに比べて温度均一性が大幅に改善されているため、特に長寿命であり、高いバーナー効率でNOx排出を最小限に抑えることが可能です。

 

応用例

鉄鋼業・熱処理

  • 浸炭・焼戻し炉
  • 白熱線
  • 溶融亜鉛メッキライン
  • 鍛造炉
  • チューブラー式焼鈍炉

化学工業

  • ロータリードラム炉
  • レフォーマー炉

セラミック産業

  • 間接加熱式キルン
  • 特殊用途
アクセサリー
アクセサリー

バーナーコントロール

WSバーナーコントロールは、WSバーナーを安全に運転するためのものです。プロジェクトに合わせた設計で、スムーズな試運転を実現。

アクセサリー

アクセサリー

WSバーナーシステムに最適なアクセサリー:ラジアントチューブ、コントロール、スペアパーツ、バルブセクション。