検索
この検索ボックスを閉じる。
FlexHeat2Anneal

水素による柔軟な加熱で、輪郭線にも対応。

資金提供を受けた研究プロジェクト「FlexHeat2Anneal」では、連続焼鈍ラインや溶融亜鉛メッキラインにおいて、燃料として水素を柔軟に利用することを研究しています。

プロジェクトパートナー

RWTHアーヘン大学IOB
ティッセンクルップ・ラッセルシュタイン社
WS Wärmeprozesstechnik GmbH

 
このプロジェクトの目的は、鋼板の連続焼鈍ラインや溶融めっきラインにおいて、水素を燃料として柔軟に利用し、CO2排出量を削減することです。このため、既存の放射加熱管システムにおける水素の利用を実験室で調査すると同時に、NOx排出量が最も少ない、革新的で燃料に柔軟性がありエネルギー効率の高いFLOX®放射加熱管システム(PP放射加熱管用)の開発・実証を目指します。天然ガス中の水素の使用は、0~100 vol.-%の範囲で、システム全体と特定のラジアントチューブシステムの手動調整を必要とせずに可能であるべきである。ラジアントチューブでの燃焼時に両燃料を柔軟に時間差で使用しながらも、高いプロセス安定性とエネルギー効率、NOx排出量の最小化を同時に達成することを目標としています。
 
このように、このプロジェクトは鉄鋼加工分野での脱炭素化に貢献すると同時に、新しい燃料である水素を産業界に受け入れてもらうことにも貢献しています。開発されたソリューションは、新しいラジアントチューブシステムに適しているだけでなく、可能であれば後付けのインストールにも適しており、短期間での市場普及を可能にするものでなければなりません。開発したラジアントチューブシステムは、鋼板の連続焼鈍ラインで実証される予定です。そのために、開発したラジアントチューブシステムのデモ機を2台設置する。これには、システムの交換だけでなく、ガス供給の適合化、炉の運転、エネルギー効率、汚染物質排出を評価するための測定技術を備えたラジアントチューブやバーナーの大規模な設備が含まれます。この結果をもとに、連続焼鈍ラインや溶融めっきラインにおいて、化石天然ガスから水素に切り替えた場合の効果を検証し、CO2排出量削減の真のポテンシャルを明らかにする予定です。
貢献度 文脈的
知っておきたいこと

電気自動車用充電インフラの拡充

少数のための高速か、皆のための低速か?WSは、電気自動車用充電インフラの拡大について独自のコンセプトを追求している。工場敷地内で低コストかつ効果的な充電システムを実現するため、WSは一貫して低い充電容量を支持している。

FLOX® (フロックス

グリーン水素:WSが電気分解機を稼動

新しい電気分解機と、400kWpを超える自社製太陽光発電システムの余剰電力により、WSは将来、レニンゲンの研究所にグリーン水素を供給する。2023年末の電気分解機の設置に続き、貯蔵とパイプラインのインフラも完全に稼動した。

レクマット®S

レックスノルト・ケッテ社におけるCO2の大幅削減

Rexnord Kette GmbHとWS社は、ベルト炉の近代化に成功し、炉のCO2排出量を35%削減しました。エネルギー効率を最大限に高めた新しいバーナーに加え、運転モードの最適化もCO2削減に貢献しています。

知っておきたいこと

クレッチマン会長がレニンゲンのWSを訪問

バーデン=ヴュルテンベルク州のヴィンフリート・クレッチマン大臣が、レニンゲンのWS社を訪問し、水素分野の活動について視察した。バイオガスからのグリーン水素製造と分散型アンモニア分解に加え、今回の高官訪問では、高効率で低排出ガスな工業用バーナーにも焦点が当てられる。

知っておきたいこと

サーモプロセス技術の研究分野

サーマルプロセス技術という新しい研究分野は、1,000℃を超える高温プロセスの脱化石化を目標としている。再生可能な電力で加熱できる柔軟性のあるプロセスもあるが、将来的には多くの用途で気候変動に中立的な燃料が必要となる。

レジェマット®」。

REGEMAT® 250:販売数が大幅に増加

REGEMAT® 250が最新のストリップ亜鉛メッキラインの新たなゴールドスタンダードであることは、継続的な、そして最近では特に好調な販売台数の増加が証明しています。顧客は、最大効率で最も低いNOx値と、水素を使用する運転への卓越した適合性による将来の実行可能性に感銘を受けている。

貢献度年代別